水道の修理が自分でできるか

トラブルの中でも、水道で起こるトラブルは被害が拡大しやすいです。水が漏れてくるトラブルが代表的なもので、できるだけ早く対処しなければいけません。自分で直す方法を知っていれば被害を抑えることもできますが、自分で対処できるトラブルばかりではありません。

■まずは水を止めるところから

水道 修理は、水が漏れているのを止めることができれば、一時的にでも回復することができます。これが簡単にできるかどうかが、業者に依頼するかどうかの基準になります。水圧が掛けられている水道は、トラブルになると吹き上がってしまう場合があります。その場合は止水栓や元栓を締めてしまうことによって、水圧を下げることができます。この場合、水が流れてこなくなるので、ダメージは抑えられます。しかしあくまでも応急処置となるので、業者に依頼してしまう方が確実です。

■無理だと感じた時には手を引く

修理を考える場合、道具も必要になってきますし、部品を用意する必要もあります。どうしたら直るのか、経験からわかる部分もありますが、一度も直したことがなかったり、知識がなかったりする人は対応できません。一体何を用意するのか、それだけでもパニックになってしまうことが考えられます。道具を持っていない場合には、購入する必要も出てきますし、部品も適切なものが何かを知らなければいけません。作業が複雑になることもあるので無理をしないことが大切です。

■まとめ
水のトラブルは、無理をしないことが被害を広げないポイントになってきます。止水栓や元栓を止めれば、被害の拡大を一時的に抑えることが可能です。この間に業者を手配すれば、それ以上被害を広げることにはなりません。費用的なことを考えても、時間を加味すれば業者に依頼した方が得なこともあるので、よく検討して判断する必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ