大きな損害を出す水道のトラブルと修理

水道が大きなトラブルになるのは、水が漏れるためです。水は漏れれば流れます。ほんのわずかな隙間でも染み込む場所があれば、簡単に流れ出していくことになり、下の階に影響を与えることも出てくるでしょう。驚くほどの金額が請求されることもあるため、迅速な修理が必要です。

■止水栓か元栓を締めることから

水道から漏れてきた場合、まず被害を拡大しないように、元栓を締めてしまうのが一番です。ですが、場所によっては離れてしまうこともあるため、設備ごとに取り付けられている止水栓を締めてしまうのがいいでしょう。手で締められるものもありますし、マイナスドライバーを使うものもあります。事前に確認しておけば焦ることもないはずです。ところが、止水栓よりも上流で漏れてきたときには、元栓を締めるしかありません。外部に取り付けられているため、覚えておかなければ、どんどん被害が拡大します。

■保険の加入も大切

水漏れが起きた時のことを考え、保険に加入することも大切です。水漏れの修理だけでは済まない事態では被害は徐々に拡大してしまいます。入居するときの条件であり、火災保険のオプションとして契約しなければいけないことも珍しくなくなりました。それほど大きな被害を出しますし、揉めてしまう可能性もあるため水漏れを甘くみてはいけません。タオルなどで吸い取り、できる限り染み込まないように迅速な対応をして被害を広げないことが大切です。

■まとめ
水道のトラブルは、金額的にもびっくりするような金額を請求されることが珍しくありません。自分の身に起きた時を考えれば理解できるはずです。建物自体にも被害を与えることになるため、止水栓や元栓がどこにあるのか、道具は何が必要なのかといった基本的なことを抑えておくべきです。これだけでも、被害を最小限にすることができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ